読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やがて煙になる日まで

人の死亡率は100%

ネット界隈

続かなければ、ブログではない

「アフィ目的ではない個人のブログ」というのは、どうあるべきかとか、そういうことを、ちょっとまじめに考え直してみたんですね。 私は、基本的には、まじめなほうなので、なんでも「どうあるべきか」ということは、考えるほう。 ブログみたいなものも、そ…

見てはいけないものを見てしまった~三橋貴明信者の改造ブロガー~

この前、アメブロで、「ものすごい改造ブロガー」を、見つけてしまったんですが、どういうふうにすごいのかということを説明するのは、なかなか難しい。 …まあそうだなあ、「日本語のネットの負の面を、全部引き受けてしまったような人」、かな。 本当に、気…

もしかして、わざとなのか~アメブロ強制退会歴17回にめげぬネトウヨ~

しばらくチェックをしていなかったアメブロのネトウヨが、昨年途中に、17回目の強制退会処分をされていたというので、ああ、そうだったのか、と思って、ちょっと驚いています。 続きを読む≫ 消えぬ「アメーバ愛」 学ばないこと山のごとし もしかして、計算…

アカウント消し常習者が消えた原因

さて、前に書いたまた消えていたアメブロのアカウント消し常習者の方の件ですが、なんとなく、「今回の」理由が、わかりました。 続きを読む≫ 消えた原因 まあ、「前回」も、同じような理由だったんで、またそうなのか、と。 ほかのユーザーとの間で、悶着が…

また消えていたアメブロのアカウント消し常習者

以前にちょっと触れたことのある、「アメーバアカウントをしょっちゅう消しては戻ってくる人」なんですが、最近、また、それをやっておられたということに、気がつきました笑。 続きを読む≫ また消えていたアカウント消しの常習者 実は、前の記事(過去記事…

何かモヤモヤする「他人のブログの突然消滅」

どうでもいいと言えば、どうでもいいんですが、ちょっとびっくりしてしまいました。 ブログランキングで、ふと目にした「相互リンク募集」の文字を見て、何気なくクリックをしてみたら、「もう募集をしていなかった」というか、ブログ自体が終わっていた、と…

ぶっちぎりで食いつきの良かったトピック

そんなわけで、ライブドアで政治ネタを始めて約1ヶ月、もちろん、できたばかりで、検索流入は当てになりませんので、ブログランキングからがほとんどです。 そこで、傾向を分析してみると、面白い発見もありました。 続きを読む≫ タイトルだけで引っかけれ…

アクセス障害頻発中…過重負荷?

たまたまかもしれませんが、このところ、連日、あちこちで「アクセス障害」が起こっているようです。 続きを読む≫ あちこちで起きているアクセス障害 アメブロの場合には、原因は明らかにされていませんが、exciteとはてなブログは「過重負荷」が原因という…

もったいないなあと思うブログ

自分とは何の関係もない、袖を触れあったことすらないという、ある人のアメブロなんですが、反戦平和を訴えて、非常にしっかりした内容を伝えていて、開設から4年も経っているようなのに、どうも、アクセスのほうは、あまりないような感じなんですね。ご自…

新型ウィルス「ランサムウェア」に注意

「ランサムウェア」というマルウェア、ウィルスが出回っているそうなんですね。 続きを読む≫ 「ransom」というのは、英語で「身代金」のことなんですが、このマルウェアは、他人のパソコンや、スマホに入り込んで、他人のデータにロックをかけてしまって、使…

人は、「自分が拡散したいと思うもの」を拡散する

「拡散との付き合い方」については、昨日もちょっと書いたんですが、もう少し付け足してみます。 続きを読む≫ 人は、「自分が拡散したいと思うもの」を拡散する 「拡散希望」という文字は、誰もが見慣れていると思いますが、あまりにも見慣れているので、も…

「拡散」との付き合い方

まあ、ネットで何かをやる人ならば、誰でも「これ」との付き合い方には、悩んだり、間違えたり、いろいろすることがあるだろうと、思います。 続きを読む≫ 拡散することは、必ずいいことなのか 「拡散」、この奇妙なシロモノ、ネットが生んだ奇形児、これと…

スマホ依存は、「フリック入力好き」というよりは、「キーボード嫌い」なのでは?

はい、ライブドアブログのほうが、今のところ、だいたいカスタマイズも終わって、これ以上いじる必要も、あまり感じない。 強いて言えば、「一覧表機能」かもしれないけれど、これもまあ、月ごとの記事数があまり多くならなければ、いじってもしょうがないか…

人は、いかにして「非実用ブログ」を軌道に乗せるのか

そんなわけで、政治ネタを書くために、別ブログを持ってから、試行錯誤の日々ですね。 続きを読む≫ 「実用ブログ」ではないという場合には、これは、見てもらうためには、「何か」が必要なんですね。 実用ブログであってもなくても、見てもらうためには、他…

The Diplomat誌が有料制に移行

前にも書いたんですが、知っている人は知っている「日本に本拠地を置いていることになっている英字紙」のThe Diplomat誌が、いつのまにか、「タダで見られる記事の数は、1ヶ月に5つまで」というふうに、変わっていました笑。 昨日、「まだ潰れていないのか…

ブログランキングに見る政治・社会問題への関心度

自分が参加してみたのを機に、ブログランキングなどをつらつら眺めていたら、いろいろと発見もありました。 特にですが、にほんブログ村のほうは、PVランキングがあるんで、ここはなかなか興味深い数字を提供してくれています。 続きを読む≫ 政治・社会問題…

どんどん進む「見せない化」~広告ブロッカーを閉め出したニューヨーク・タイムズ~

世界的には、モバイルユーザーの間でも、広告ブロックが進んでいる…。 続きを読む≫ そうなんですか。 そうなると、日本のスマホユーザーたちが、どうしているのかとか、これからどうするつもりなんだろうとか、そっちのほうの調査・分析が、興味深いですね。…

見事なまでに、検索を回避されているという不思議

そんなわけで、某ブログで政治ネタを書き始めてから2ヶ月を超え、記事数も、だいたい目標に達したわけなんです。 続きを読む≫ ある筋によると、記事数が一定数を超えたところから、検索エンジンからの流入が、急に増えたから、評価が変わったんじゃないかと…

アイドルがネット集客をすることの危険性~冨田真由さん殺害事件~

売出し中のアイドル冨田真由さんがストーカーに殺害された事件は、本当に気の毒でした。 この事件について、最も適切な話をしている専門家を、見つけました。 続きを読む≫ 小早川明子さんは、たぶんですが、日本のストーカー対策の第一人者で、TVでも見かけ…

コメント欄に「禁止ワード」は合理的

exciteブログには、特定のワードを「禁止ワード」に指定して、そのワードを含むコメントを投稿させないようにするという、機能がついているんですね。 前にも述べたように、exciteは、素朴なんですがけっこう高機能で、英数のみコメントを受け付けるか受け付…

「クリックで応援」の意味を知らなかった私

私は最初がアメブロだったので、標準のブログランキングがついていますし、母集団のユーザー規模が大きいというのが前提ですから、あとはアメブロというのはやはり、「アメーバ内ですべてを完結させる」みたいなことが、なんとなく、お約束なので、そう言わ…

「議論慣れしている人」の独白は、しばしばつまらない

ネット上の「議論」ばかりしている人が、ブログ記事のような「独白」を書くと、非常につまらないんですね。 おおむね、みんな、そうです。 続きを読む≫ 「議論慣れしている人」の独白は、しばしばつまらない ネット上で、「他人との議論」に「慣れている人」…

羅針盤を持つまでは、ネットをしてはいけない

ネット世代の人たちというのは、不幸だなあと思うんですが、ネットがあるばっかりに、「世の中」を知るための、もっとよい方法というものを、最初から試さない。 続きを読む≫ ネット世代の不幸 ネットがあるから、なんでもわかる、だから、ほかのものは、試…

スマホというのは、あくまでも「代替デバイス」である

日本人は、欧米と比べて携帯電話を使いすぎるとか、用もないのにメールのやりとりをしすぎるということは、ずいぶん前から言われていたことで、スマホが登場する前からだったんですね。 続きを読む≫ 目次 欧米は、日本よりも在宅率が高い 異常なほどのスマホ…

被リンクについて考える

SEOの定説では、被リンクが多いほどいいから、相互リンクに励めとか、あとはアメーバのツーラーなんかは、自動で読者登録をするだけでなく、いいねとかツールコメントをばらまくことで、アクセスバックを期待するのみならず、自ブログへのリンクを作りまくる…

プロのアフィリエイターは、「挫折した人たち」だと思う

前から言っているように、「競争率が高くて、新しくもないトピック」で、検索の1位とか2位に出て来るようなブログをやっている人は、絶対に「素人ではない」と、思うんですが、例えば、この前、びっくりしたことがありました。 続きを読む≫ 「日付を書き換…

検索力が物を言う

たぶんですが、スマホ人口が増えて、面倒だからPCを使わない人が増えているということと、「検索力の低下」というものは、深い関係があるだろうと、思います。 続きを読む≫ 検索をしない人たち 私は、仕事でPCを使うようになったころには、ネットを使う一番…

若いうちからネットをやりすぎると、ロクなことにはならない

最近、ぎょっとするようなツイートを見かけて、即座にミュートしてしまいました。 続きを読む≫ 見るとその人は、まだ、20代なんですね。 そういう人が、何気ないツイートの独白で、 「勢力に加担し、他者を排撃するだけ」 というふうに書いてしまう。 これ…

人が、あえて沈黙を選ぶとき

10年以上続いた、とある英語のウェブサイトがあったんですが、昨年の暮れに、いきなり閉鎖されたんですね。 続きを読む≫ 突然閉鎖された有名英語サイト 私はたまにチェックをする程度でしたが、なかなか人気があって、長くやっているだけあって、知名度も高…

疑心暗鬼の子供たち~足跡機能~

さて、先日も書いたように、初めてYahooブログを使ってみて、ひとつ、長い間の疑問が解けたということが、ありました。 続きを読む≫ 疑心暗鬼の子供たち 知恵袋には、しょっちゅう、「自分が他人のサイトにアクセスしたことが、相手にバレているかどうか」と…

電波な人たち

例えば、ある有名なツイッタラーさんで、実名も割れている人で、ほかにブログもやっているような人のところとか、ほかにもいくつか、そういう、ある程度知名度のあるなんらかのウェブサイトに、「匿名の捨てアカ」つまり、縄付けなしで、フリーのコメントを…

捨てアカで他人のブログにコメントをするのは、もうやめよう

前からしつこく書いているんですが、とにかく、フリーコメントの時代は終わった。 続きを読む≫ 通りすがり、捨てアカ、縄付けなしで他人のブログにコメントをする時代は、終わったんですね。 終わったんですから、しょうがないじゃないですか。 結局は、ヘイ…

The Diplomat誌がコメント欄を閉鎖

The Diplomat誌というのは、知っている人は知っている、ニュースの世界ではけっこう有名な、10年以上続いている英字紙なんですが、なぜか日本の恵比寿を拠点としているんですね。 表向きには。 恵比寿にある「らしい」。しかし、ここのスタッフには、日本…

知らなくていいことは、知らなくていいんだよ~子供に2chを見せてはいけない理由~

ネットの問題点というのは、いろいろあるんですが、前にもトンデモ本の関係で書いたように、「情報がフラットに並べられている」ということがあるんですね。 続きを読む≫ 目次 トンデモであるということは、はっきりわからないといけない 2chがどの程度いか…

「成りすまし」の正体

さて、前の記事の余談になりますが、今回「成りすまし」をした相手というのは、何年も前からGlobal Timesやほかのフォーラムで中国サゲと自国(アメリカ)アゲをやっている、札付きの荒らしなんですね。 続きを読む≫ 同じ内容のコピペを貼りまくるとか、誰か…

成りすましアカウントが生き延びたわけ

さて、「ついに自分の成りすまし」が出てしまった英語フォーラムの件の続きです。 続きを読む≫ 成りすまし通報の顛末 どうなったかと、言いますと。 最初に通報したのが、2月21日で、Disqus社は「成りすましには、原則的に5日以内に対応する」と説明して…

「ネットの風景」は、どこへ向かうのか

最近はまあ、メジャーなブログサービスのランキング上位を見てみると、ほとんどすべてが、なんらかの「まとめサイト」です。 続きを読む≫ ランキング上位は、ほとんど「まとめサイト」 「まとめサイト」というのは、これは、匿名の他人が書き殴った掲示板の…

英語フォーラムでは、成りすましが横行

前から書いているように、英語フォーラムというのは、工作員だらけの伏魔殿で、滅茶苦茶な場所なんですが、ついに投稿を続けてもうすぐ3年になろうというときに、「私の偽物」が、出現しました。 続きを読む≫ ついに「自分の成りすまし」が これまで、あり…

「ネットリテラシーが高い人ほどヤバい」という現実

どのニュース記事だったか忘れましたが、10代20代の間では、「ネットに書いてある内容を信じ込む率」というのは、すごく高くなっているそうです。 げんなりしますね。 続きを読む≫ 「ネットリテラシーの高さ」と、「嫌韓嫌中の度合い」が、パラレル 日本…

アメブロネトウヨの裏事情

さて、ちょっとドロドロした話を書いてみますか。 続きを読む≫ アメブロに「主に」残っているのは… 前にも書いたように、今の荒廃したアメブロに残って、まだわいわいやっている人たちというのは、そのほとんどが、 商用か宗教 ネトウヨ 陰謀論者 なわけなん…

いきなり消えた工作員アカウント

前にも書いたんですが、英語フォーラムは、工作員だらけで、おかしなことがいろいろあると。 続きを読む≫ あっと驚く想定外の展開へ 中でも、最近、「同一アカウントの中の人が、途中から別の人に入れ替わっていた」という、そんなうさんくさ~い事情が、明…

陰謀論者がダメなわけ

引っくり返ってしまったんですが、「米戦争屋が」「ジャパンハンドラーが」「ユダ金が」「北朝鮮は米戦争屋の傀儡で敵役をやっている」と言っている人が、「だから、オバマの任期中に、ぜひとも北爆を実施してもらいたい」という結論に、なっていたりするん…

嫌韓はどこから来るの

まあ私は、ネットを始めたのが遅かったですし、本格的にブログを書き始めたのも、震災のちょっと前だったくらいなんで、「ネットの世界が、どういうふうに特殊な発展を遂げていて、どの程度病んでいるのか」ということを、よく知らなかったんですね。 続きを…

ネトウヨ的言論の変遷

ものごとは、ある日突然変わったように思えても、実はそうではないんですね。 続きを読む≫ 「急に変わった」ということは、ない 前から「ゆっくりとした変化」とか、「前兆」というものは、あるわけなんです。 そういう変化は、最初のうちは、不発に終わると…

インターネットの未来予想図

ネットというものは、アメリカ人が開発して、最初は軍事利用を主たる目的として、そのあと官公庁、さらに企業での商用利用、そのあと、一般に普及した「理由」は、「大学のサークル活動内の懇親・連絡」目的でした。 続きを読む≫ これが、Facebookです。 も…

ネットには、無能な人を有能にするような力はない

ネットには、特別な力があって、ネット上でありさえすれば、リアルではできないことができると思っている人が、けっこういますよね。 続きを読む≫ リアルでできないことは、ネットでもできない ネットという「道具」を使いさえすれば、現実の自分にはできな…

サイドバーに動画を貼ってはいけない

2カラムか3カラムのブログで、サイドバーに動画を2つとか3つとか貼っている人って、よく見かけるんですね笑。 続きを読む≫ アメブロの社会派ブログとか、アメブロだけではなく、ほかもそうですが、社会派ブログ。 「ある」という場合には、必ずと言って…

ツイッター亡国の時代

前の記事の続きですが、アメリカ人は、かなり違うんですね。 続きを読む≫ そもそも感覚が違う 他人に何かを教えてもらうという場合には、「私はあなたにこれを差し出すから、あなたはそれに見合うだけのことを私に教えなければならない」という、等価交換で…

リチャコシ系おじさんは、どうして「困った人」なのか

私はリチャコシさん本人には、まったく興味がありませんし、どうでもいいと思っています。 続きを読む≫ ただし、まあ、リチャコシ系陰謀論信者になってしまった「気の毒な人」を、しょっちゅう見かけるのと、そういう人たちが、「けっこう普通のおじさん」だ…

「キミは、私のことを誤解している」おまえなんか、知らんわアホ

英語フォーラムをうろうろしていると、工作員も含めていろんな人に出会うんですが、そういえばしょっちゅう言われる言葉があるなあと、思ったんですね。 続きを読む≫ 「キミは、私のことを誤解している」これ、考えてみると、なんかよく言われるんですね。 …

当方は、アフィリエイトブロガーではありません。
商業活動や、勧誘活動とは無関係の個人であって、純粋に個人の趣味でブログを運営しております。

≪前のページトップPresent English article is moved to another page of mine No risk, no say